• トルコリラの強みとは

    トルコリラは近年高い潜在成長性を有する経済を背景とした新興国通貨になりますのが、インフレ率が高い為、中長期的には対戦し国通貨で下落をしてきました。

    その一方で高金利政策を打ち立てたことによって、通貨の価格編度にスワップ損益を加えた収益率は、対円に対し下降10年間で見れば、同じく高金利のオーストラリアドルに引けをとらない良好さとなっています。



    現在トルコリラは高金利通貨として知られるようになりましたが、トルコはハイパーインフレを経験した過去があり、実質的なデノミネーションの実施出通貨単位を切り下げたとはいえ、先進国に比べればまだまだインフレ率は高い傾向になります。



    2014年1月に主要政策金利である一週間物レポレートを4.5%から10%へ大幅に引き上げられたこと、さらにはアメリカの金融緩和縮小観測の広がりによって、金利先高観が強まっていき、資金が回帰してトルコリラが大幅に下落したことから、それに伴う物価上昇や経済に与える影響を抑えるためでした。

    あなたに合った条件で@niftyニュースのことならこちらのサイトが便利です。

    その後は、少しずつ利下げが行われていき、FXの世界ではトルコリラを買いポジションとして保有することによって、スワップ金利を狙った長期的な運用が盛んに行われるようになりました。
    また長期的な運用になれば、普段働きにできていて頻繁にチャートを見ることができないサラリーマンなどでも、トレードを行えることから、自身の資産運用にトルコリラを購入する人も増えてきています。