• トルコリラのスワップトレードでは損切はよく考えよう

    トルコリラは政策金利が高い事もあって、トルコリラ円によるスワップトレードを行う人もいます。FXについて知らない人のために簡単に説明すると、FXでは通貨ペアの金利差であるスワップポイントによる損益が発生し、金利の低い通貨で金利の高い通貨を購入するとポジションを維持している間は毎日スワップポイントによる利益が発生するようになっているのです。
    つまり、円を売ってトルコリラを購入すれば、持っているだけでスワップポイントによる毎日利益が発生しているのです。
    その利益は大きいのですが、曽於の一方で為替相場の変動によるリスクがあります。
    相場が下落するとそれによって含み損が拡大し、証拠金が一定以下になれば強制ロスカットが発動する事も考えられます。

    強制ロスカットが発生する程の損が出る前に、損失が拡大しないように決済を行うのが損切りですが、スワップトレードでの損切はよく考えておいた方が良いです。

    多少の損失であれば、ポジションをキープし続ける事でスワップポイントによる利益を得られ続けていれば、巻き返せる可能性があります。


    一方損切りしてしまうとスワップポイントの利益もそれで終わりとなってしまい巻き返せることもなくなります。

    今までに培ったノウハウを活かし、BIGLOBEニュースについての情報を提供しています。

    スワップトレードによって長期運用をする場合には、強制ロスカットを発生させずに長期間維持し続けるのが望ましいと考える人もいて、そうすれば少なくともスワップポイントの利益は金利が変わらない限りは維持し続ける事が出来ます。



    そして強制ロスカットが発生しないようにするためには、レバレッジを上げるのは出来るだけ避ける事も大事です。