• 売りポジションで運用するトルコリラ

    • FXでトルコリラ円の通貨ペアでは基本的には買いポジションとする場合が多いです。

      どうしてなのかというと、トルコは政策金利がかなり高くなっていて、それに対して日本は金利がかなり低く抑えられており、スワップ運用をするのに向いていると言われているからです。

      スワップポイントは金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を所持する事で、その間は金利差に応じて利益が発生するというものであり、その逆に金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合は損失となります。

      朝日新聞デジタル技術のご紹介です。

      つまり、買いポジションならばスワップポイントによる利益が発生するが、売りポジションだと逆に損失となってしまうのです。
      それではトルコリラ円での売りポジションで運用するのは単に損失が出るだけなのではないかという事になりますが、ここで述べた事はあくまでもスワップポイントのみを見た場合の話です。
      FXによる取引での損益には為替変動による損益もありますので、たとえスワップポイントではマイナスとなったとしても、それ以上に為替変動で利益を出す事が出来ればトータルではプラスとなるのです。



      そしてトルコリラは為替変動が大きいのが特徴なのですが、近年は下落傾向が続いているために、スワップ運用よりも売りポジションによる為替差益の方が利益を上げる事が出来るケースも多かったのです。

      トルコリラ情報の豊富さで有名なサイトです。

      問題はこれから先も同じような傾向が続くとは限らず、相場が上昇に転じた場合はスワップポイントの損失と合わせて損失が大きくなるリスクがあります。

  • 情報分析

  • 驚く情報

    • トルコリラのスワップトレードでは損切はよく考えよう

      トルコリラは政策金利が高い事もあって、トルコリラ円によるスワップトレードを行う人もいます。FXについて知らない人のために簡単に説明すると、FXでは通貨ペアの金利差であるスワップポイントによる損益が発生し、金利の低い通貨で金利の高い通貨を購入するとポジションを維持している間は毎日スワップポイントによる利益が発生するようになっているのです。...

  • 詳しく知りたいなら・知っておきたい常識

    • トルコリラの強みとは

      トルコリラは近年高い潜在成長性を有する経済を背景とした新興国通貨になりますのが、インフレ率が高い為、中長期的には対戦し国通貨で下落をしてきました。その一方で高金利政策を打ち立てたことによって、通貨の価格編度にスワップ損益を加えた収益率は、対円に対し下降10年間で見れば、同じく高金利のオーストラリアドルに引けをとらない良好さとなっています。...

    • トルコリラ円でスワップトレードによる長期運用

      FXではトルコリラはかなり政策金利が高く、そして日本円は金利が低いために、その二つの通貨ペアによるスワップトレードで利益を得ている人たちがいます。取引業者によってもスワップポイントは異なるのですが、2016年8月の時点ではスワップポイントの高い業者であれば1万通貨で一日100円以上の利益を得られるようになっています。...